<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先生の日常(25)推薦入試の弊害 | main | 先生の日常(26)3ヶ月連続…! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

先生になる前の心構え(17)優先順位をつけないと…

今日もこのブログを読みに来て頂いてありがとうございます。

前回は「優先順位」をつけて行動することに触れました。
今回はその続きを書きます。
前回の最後で触れたように、自分が予習をして準備していかないと授業が成立しません。

まあ、仮に準備しないで授業に臨んだとしても、
一度くらいはそれまでの復習や問題を解く時間として誤魔化せたとしても、
それ以上はカリキュラムの関係もあるため、二度目は出来ません。

つまり1回の授業をするために、1回分の予習する時間を確保し、
授業までの日数(時間数)を逆算して計画を立てておかなければならないのです。

これは当たり前のようですが、なかなか計画通りには進まないもの。

例えば、生徒の質問に答えたり、宿題のチェックをしたり、
小テストの採点をしたり、日々の仕事に追われ、帰宅したのはいいが、
疲れて予習の準備に手が回らないことがあるかもしれません。

また、急に体調が悪くなったり、突発的な用事が入ったりして、
思うように予習が出来ないことだってあります。

そうでなくても、休みには遊びに行ったり飲みにいったり、
自分の趣味の時間に費やすこともあるでしょう。
時には予定外の突発的な出来事もあるかもしれません。

こういった事態を想定して、出来るだけ早めに予習をして準備をするに越したことはないのです。
つまり、予習の優先順位を高くして、
なるべく早めに準備をしておいた方が良いと言うことです。


〈編集後記(のようなもの)〉--------------------------------

新潟県中越地震の被害状況が刻々と伝えられますが、
ますます被害が拡大しているようですね。

ライフライン・交通網が寸断されているため、
県外からの支援がなかなか行き渡らないところもあるようです。

直接ボランティアに行ければ良いのですが、
募金が始まったらわずかですが協力したいと思います。
一刻も早い復旧と、被災者支援が行われることを祈ります。

こういう時に、総合学習の時間として、近くならボランティア活動、
遠い場所ならば、自分たちが出来ることを考えさせて行わせるといったように、
学校をあげて協力することも勉強の一環になると思いますが…。


----------------------------------------------------------------
気軽にコメント・トラックバックをつけて下さいね!
質問などにはできる限りお答えしたいと思います。


only1sensei * 心構え * 17:47 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:47 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ