<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 先生の夏休み(2)夏休みに何しているのか…その2 | main | 先生の夏休み(3)こんな本を読んでます… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

はじめに(2)続き…

「はじめに」を2回書くのも変な感じですが、
もう少し、このブログを書こうと思った理由を書いてみようと思います。
前回は、自分の経験をこれから先生を目指す人に生かしてもらいたい、
という気持ちでこのブログを始めたことを書きました。

それと関連しているのですが、
何でそう思ってこのブログを書こうと思ったのか、
というきっかけの一つを書きたいと思います。

近年、新任教師の離職率が上がってきています。
(すいません、細かい数字は忘れました。)

こうした現状を見ていて、
「何か自分に出来ることはないか」と考え、
自分の経験してきたことや思ったこと・考えたことなどを公開することで、
これから先生になろうとしている人の参考にならないかと思い、
ブログを始めたのです。

教職を取って教育実習へ行って授業をしても、
実際に「先生」の仕事の内容とか大変さとか、
もちろん生徒と接することの難しさや楽しさも含めて、
分からないことが多いと思います。

教育実習での数週間の体験と、それを1年通してやるのとではまた違うのです。

そういった諸々のことを事前によく分からないまま、
先生になってしまうのも、1年も持たずに辞めてしまったりする理由の一つではないか、
と考えたのです。

また、普通の会社では、「研修期間」というものがあって、
徐々に仕事に慣れていくことが出来ますが、
先生という職業は、いきなり一人で授業をしなくてはなりません。
(もちろん、教諭(専任)には初任者研修といったものもありますし、
TTで一人で授業をしない場合もあるとは思いますが、
多くの場合は初年度から授業をするし、その場合、一人だと思います。)

そうしたことに対して「心構え」が出来ていれば、
多少は心に余裕が出来て、良い授業が出来たり、
生徒との交流も出来るのではないか?
と考えたのです。

そして、その「心構え」として、
このブログで、現役高校教師としての生活を公開することや、
「こんなことを事前に知って(やって)いれば…」
と思うことを公開していこうと考えたのです。

これを読んで教師という職業に就いた人が、
「あぁ、事前に知って(やって)おいて良かった。」と思うようなことを
これから書いていこうと思います。
only1sensei * はじめに * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:00 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ