<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先生の夏休み(12)講師は辛いよ!? | main | 先生の夏休み(13)私学適性検査の感想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

先生になる前の心構え(11)理想像を書いた後…

今日もこのブログを読んで頂いてありがとうございます!

前回のこのカテゴリーでは、自分の「理想の教師像」を書き出して、
その理想像と自分との相違点も書き出して、
それに基づいて行動していくということを書きました。

今回は、その続きを書きたいと思います。
書き出した「理想の教師像」は随時書き換えていっても構わないと思います。

それは、自分がある程度その理想に近づいたときに、
またその先の「目標」が見つかると思うからです。
(次のレベルへ行くとランクアップする感じでしょうか。)

他にも、目標とする先生が見つかるかもしれないし、
他の先生方の良い点を吸収することもあるでしょうから。

ただ注意したいのは、安易な方向に妥協して書き換えないことです。
1年や2年やったところで、自分の「理想の教師像」になれるとは限りません。

むしろ、現実の厳しさを知り、その「理想像」へ近づくことの困難さを
身をもって実感するのではないかと思います。
「理想はあるけど、現実は厳しいから、これくらいでいいか」
と考えて妥協しようとしてしまうことがあるかもしれません。

その時に、この書き出したものを見て、
自分の理想・目標を思い出すのです。

そうしておけば、「毎日頑張って授業をしているのに、
どうも自分の理想像に近づいていない」というような、
「努力の方向性」が間違っていた場合にも、
もう一度、現実の自分との違いをチェックすることで、
修正でき、理想像へ一歩近づけるのではないかと思っています。

ただ、私も講師という身分でまだまだ経験不足である上、
ここに書いたこともまだ気付いたばかりで、
実は、実践した「結果」と言うものがはっきりしていません。

「理想像」とのギャップはまだまだあるし、改善点もたくさんあります。
でも、日々の中でそれらをチェックし、日々成長していきたいと思っています。

これを読んでいる、私より経験の少ない(無い)方はラッキーだと思いますよ。
なぜなら、4年もかかって私がたどりついた時点から始められるのですから…。

まあ、私の歩みが遅いだけかもしれないので、
経験が少なくても実践している方はいらっしゃると思いますけど…。

これを読んでいる方は、きっと向上心を持っている方だと思います。
皆さんも一緒に、成長していきませんか?


----------------------------------------------------------------
気軽にコメント・トラックバックをつけて下さいね!
質問などにはできる限りお答えしたいと思います。
only1sensei * 心構え * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:00 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ