<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先生の夏休み(9)夏期講習初日の感想は… | main | 先生の夏休み(10)講習の様子は… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

先生になる前の心構え(9)理想の教師像とは?

今日もこのブログを読んで頂いてありがとうございます!

さて前回は、あなたの思い描く「理想の教師像」を書き出して下さい、
と言うところまででした。

…で、書き出してみましたか?

まだの人は、この先を読む前に、箇条書き(最低5つくらい)で良いので、
書き出してみて下さい。

3分待ちます。



…(3分(行)経過)…


用意は出来ましたか?
では、続きへどうぞ…。
さて、ここまで読み進んだ方は、
思い描く「理想の教師像」と言うのがある方のはずです。
少なくとも教師を目指す人にはあるはずですよね?
(新任の人は、現任校で理想的な教師の方を思い浮かべて頂いても結構です。)

これに何の意味があるの?

きっと、こんな疑問を持ったと思いますが、
ちゃんと意味があります!

では、ここで、すでに教職についている方、
もしくは塾・予備校で経験のある方は、
もう一つ作業をして下さい。

書き出して頂いた「理想の教師像」と、
現在の自分との相違点をあげてみて下さい。
これも箇条書きで構いません。

例えば、「理想」が「良く分かる授業をする」だとしたら、
現在の自分の授業形態を思い浮かべ、
その「理想」とどこが違うのかを洗い出してみて下さい。

まだ教職に就いていない、経験の無い方は、
「理想の教師像」に近づくためにはどうしたら良いかを、
思いつく限り書き出してみて下さい。

例えば、「理想」が「生徒と良く交流する先生」だとします。
そしたら、そのために今出来ることを書き出してみるのです。
何かボランティアで子どもと接することをしてみるとか、
とにかく、その「理想像」に近づくために「今出来ること」を、
書き出してみて下さい。

まだ教職に就いていない方は、
その「理想の教師像」と「現在の自分」を比べて、
「理想像」と「現在の自分」との違い、
そして、その違いを埋めるために「これからやるべきこと」を書き出してみて下さい。

これも時間がかかると思うので、今回はここまでにします。
次回は、ようやくこの作業の「意味」を明かしたいと思います。

----------------------------------------------------------------
気軽にコメント・トラックバックをつけて下さいね!
質問などにはできる限りお答えしたいと思います。
only1sensei * 心構え * 08:10 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:10 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ