<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 先生の夏休み(184)黒板拭きの思い出 | main | 先生の夏休み(186)夏休み最終日と24時間テレビとエド・はるみ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

先生の夏休み(185)大分県の教委汚職事件と採用取り消し処分

今日もこのブログを読みに来ていただきありがとうございます。

なんだかなぁ。。。

JUGEMテーマ:学問・学校


今回のこの事件、教育界、とりわけ教師になるための採用試験という、

「先生」への第一歩の段階での事だけに、事件の経緯が気になります。


世間一般的にも、会社への縁故入社や、便宜を図ってもらったり、

中には今回の事件と同じような手段を用いたりするケースもあると思います。


縁故を頼る方法は、採用する側は身分・人柄が事前にハッキリしていて安心でき、

採用される側は、厳しい採用試験などを戦わなくても良いという、

双方にメリットがあるものだと思います。


もちろん実力で入る人の方が多いのでしょうが、

採用がある場所にはこれに近い事が行なわれている事が少なくないと思います。


そうやって、実力で入っていない人が、

会社に入ってからきちんと力を発揮するならまだ良いですが、

全然実力がなかったり、その縁故にあぐらをかき、

全然仕事をしなかったりするケースも耳にします。



今回のケースは、口利きをしてもらうお礼に金銭の授受があったと聞きます。


そうやって教師となった人に教わる児童・生徒はどうなるのでしょう?


分からなければ問題ない、そう思われるかもしれませんが、

実力で入ってこなかったという事は、

教職教養だったり専門知識だったリが欠けていたり足りなかったりして、

児童・生徒の教育に影響が及ぶかもしれません。

子どもの発達に目に見えないところで影響があるかもしれません。


また、不正に入って来た先生が、突然来なくなったら、

児童・生徒は動揺するでしょうし、

「大人」を信じられなくなり人間不信に陥ったり、

そこまでいかなくても、これから先出会う「先生」を疑いの目で見て、

「この先生も、お金を渡してなったんじゃないか?」と思ったり、

「先生のいう事なんて信じられない」と思うようになってしまうかもしれません。


単純に、不正に採用になった人は採用取り消し。

希望があれば臨時講師として採用。


そんな、子どもにも「あぁ、この先生、不正したんだ」

と分かるような対応ではなく、

取りあえず年度内は教壇に立ってもらい、

来年度からは正規の方法で受験し直してもらい、

逆に、不正採用で不合格となった人に、

教壇に立ってもらったらどうでしょうか?



とにかく子どもの将来の事まできちんと考えて対応して欲しいです。




気になる方をクリック!クリックしてくれたらハッピーになるかも!?

にほんブログ村 教育ブログ
人気blogランキング

ワンクリックで募金ができるサイト

※今日の順位は…?(2008/08/30,16:30現在)
    ↑
 ちょっと確認してみてくれませんか?

 ランキングからいらした方、ようこそ!


☆ウィまぐ05/11/18総合版増刊号掲載!☆

私のメルマガもよろしくお願いします。

「教壇に立ったその日からオンリー1先生になる方法」

まぐまぐなので、もちろん購読は無料!
登録しても私には分からないのでご安心を…!?

初めて見に来ていただいた方々、ありがとうございます。

お気軽に!

登録フォーム






解除フォーム








----------------------------------------------------------------
今日の記事からあなたは何に気づきましたか?
何か得るものはありましたか?

気軽にコメント・トラックバックをつけて下さいね!
質問などにはできる限りお答えしたいと思います。

----------------------------------------------------------------
◎このブログへのコメント・トラックバック(TB)について。

・当方でアダルト系、誹謗中傷、荒らし、宣伝等、

 記事と無関係と判断したものは、予告なく削除させていただきます。

----------------------------------------------------------------
◎このブログの読み方

1.基本的に日付の新しい順に上から追加されていきます。
2.古い記事を読むには、右側のサイドバー→
 の一番下へスクロールすると、カテゴリー(テーマ)と月ごとに分類されているので、
 それぞれお読みになりたいカテゴリーや月をクリックして頂くと、
 それぞれのカテゴリーの記事全部または月の記事全部をお読み戴けます。
3.トップページへ戻りたい場合は、タイトル「オンリー1先生への歩み方」を
 クリックして下さい。
4.全記事の中から、知りたい・読みたいキーワードを検索出来ます。
 トップページの右上に、検索窓があるので、
 そこに単語を入れて検索してみて下さい。
※その下のプロフィールの「only1sensei」をクリックすると、
 私の簡単なプロフィールも読む事が出来ます。
 たまに更新してます。ホントにごくたまーに…。

only1sensei * 先生の夏休み * 16:46 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:46 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ