<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< LIAR GAME 最終回! | main | 先生の日常(771)日本史の呪文 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

先生の日常(770)歴史上の不思議?

今日もこのブログを読みにきていただきありがとうございます。

ちょっと不思議なことを。
歴史上の偶然の一つなのかもしれませんが、

近代日本が経験した大きな戦争にまつわるものです。


それは多くの人がご存知だと思いますが、

日清戦争と日露戦争。


日清戦争が起きたのが1894年。

日露戦争が起きたのは1904年。


その間、ちょうど10年。

これなら、そんな大したことはないですが、

日清戦争から遡ることさらに10年。


1884年に、日清戦争につながる事件が朝鮮半島で起きています。

甲申事変です。


これは簡単に言うと近代化を図る独立党が起こしたクーデタ未遂事件ですが、

その裏には、独立党を支持した日本が絡んでいます。

 敗れた独立党のメンバーは日本へ亡命します。

 因に、この朝鮮半島での出来事を受けて失望した福沢諭吉が、

 「脱亜入欧」を唱え、それに同調する人が多かったのか、

 アジアを見限り、ヨーロッパを向いた方針に変わります。



この事件自体は、失敗に終わり、親清派を掲げる閔妃一派が勝つのですが、

そこに絡んだ清との間に、日本は天津条約を締結します。


そこには「次に朝鮮国内で事件があり、

日清どちらかが出兵するような自体になったときは、

お互いに通告し合う」という内容を含んでいました。


そして、その条約にあった通り、

1894年に朝鮮国内で起きた甲午農民戦争(東学党の乱)を

鎮圧できなかった朝鮮政府は、清国に出兵を依頼し、

清国は日本に出兵を通告、日本はそれに基づいて出兵し、

そして、朝鮮での主導権争いから日清戦争に発展します。


その後、下関条約で日本が獲得した遼東半島をめぐり、

ロシアが干渉してきたため(三国干渉)、

「臥薪嘗胆」を唱えて戦争準備をし、

1904年の日露戦争開戦につながっていきます。


当時の日本政府メンバーの思惑通りだったのかどうか分かりませんが、

ちょうど10年ごとに大きな節目となる戦争・事件が起き、

しかもそれらが密接に関係しているなんて、

ちょっと不思議なことだと思いませんか?


気になる方をクリック!クリックしてくれたらハッピーになるかも!?

にほんブログ村 教育ブログ
人気blogランキング

ワンクリックで募金ができるサイト

※今日の順位は…?(2007/06/24,22:00現在)
    ↑
 ちょっと確認してみてくれませんか?

 ランキングからいらした方、ようこそ!


☆ウィまぐ05/11/18総合版増刊号掲載!☆

私のメルマガもよろしくお願いします。

「教壇に立ったその日からオンリー1先生になる方法」

まぐまぐなので、もちろん購読は無料!
登録しても私には分からないのでご安心を…!?

初めて見に来ていただいた方々、ありがとうございます。

お気軽に!

登録フォーム






解除フォーム








----------------------------------------------------------------
今日の記事からあなたは何に気づきましたか?
何か得るものはありましたか?

気軽にコメント・トラックバックをつけて下さいね!
質問などにはできる限りお答えしたいと思います。

----------------------------------------------------------------
◎このブログへのコメント・トラックバック(TB)について。

・当方でアダルト系、誹謗中傷、荒らし、宣伝等、

 記事と無関係と判断したものは、予告なく削除させていただきます。

----------------------------------------------------------------
◎このブログの読み方

1.基本的に日付の新しい順に上から追加されていきます。
2.古い記事を読むには、右側のサイドバー→
 の一番下へスクロールすると、カテゴリー(テーマ)と月ごとに分類されているので、
 それぞれお読みになりたいカテゴリーや月をクリックして頂くと、
 それぞれのカテゴリーの記事全部または月の記事全部をお読み戴けます。
3.トップページへ戻りたい場合は、タイトル「オンリー1先生への歩み方」を
 クリックして下さい。
4.全記事の中から、知りたい・読みたいキーワードを検索出来ます。
 トップページの右上に、検索窓があるので、
 そこに単語を入れて検索してみて下さい。
※その下のプロフィールの「only1sensei」をクリックすると、
 私の簡単なプロフィールも読む事が出来ます。
 たまに更新してます。ホントにごくたまーに…。
only1sensei * 先生の日常 * 22:10 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:10 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ